445FX 常勝blog

社会は厳しいがトレードは優しい

世界一のメジャー通貨ペア<EUR/USD>に挑戦!

皆さま、こんばんは。そして、お久しぶりです。

お元気にトレードされていますでしょうか?^^

ドル円は遂に111円を上抜けたどころか、112円をゆうに超しましたね。

ずいぶんと長いこと狭いレンジの中でしたので、抜けたら大きいだろうとは予測していましたが、2円以上の上昇なので、ロング戦略のトレーダーは、ずいぶんと美味しい思いをされたのではないでしょうか?

逆の戦略を取ったトレーダーは、逆差値さえ入れていれば、何も問題なくロングに切り替えられる、とても分かりやすい相場だったので、どちらにしてもいい感じに取れたと思います。

そして、その上昇トレンドも現在は一服して下落してきていますが、まだまだ上昇相場ですので、ショートを打つにはかなり慎重にならないと、一気に踏みあげられる可能性があります。ご注意ください。

そんなこんなで本題です。

私の主戦場はドル円で、サブ的にユーロ円。

通貨同士の相関関係を視るためにユーロドルも監視、というスタイルでやってきました。

YOUTUBEチャンネルでも、ドル円とユロ円の動画しかUPしてきませんでしたが、今回初めて、ユロドルチャートに水平線とゾーンを設定して、日々の取引に加えてゆくことにしました。

そこで、トレードにおいて最も重要な認識は「縦軸(価格・レート)」で、売り買いの強弱がハッキリと分かる「ゾーン」の設定ができているかどうかで、勝敗を分けるということを、常にお伝えしてきましたので、これはそのまま動画に収録して公開した方が良いだろうと考えまして、下の動画を制作しました。

過去に作った「ゾーン」にまつわるおススメ動画のリンクも、動画説明欄に貼っておきましたので、併せてご参照ください。

応援クリックお願いしまーす↓


FX・女性投資家ランキング 

MP3CD版「ゾーン 」「ゾーン最終章」「規律とトレーダー」相場心理学の理解を、読むだけでなく聴いて加速させる!

  

もう、往復ビンタは食らわない!「売り買いゾーン設定ロジック公開」(動画)

久々にして深夜の投稿です。やっと次の動画が出来ました!

縦軸(価格・レート)の認識が最も大切であり、言い換えれば、縦軸の認識さえできていれば、ローソク足だけのチャートで十分に勝つことが出来ます。

しかし、横軸(波・チャートパターン・時間)の認識だけですと、勝ち越すことは出来ません。

しかし、多くのトレーダーは、横軸の勉強ばかりをしています。

移動平均線しかり、ストキャスティクスしかり、ボリンジャーバンドしかり、MACDしかり、一目均衡表しかり、波形を表すインジケーターや理論がそれにあたります。

ちなみに、ピボットフィボナッチは、縦軸を表す数少ないインジケーターです。

私はピボットは手法に取り入れていませんが、フィボナッチウィザードを自称するほどのフィボナッチ使いです。(二つ名が欲しかったので自分でつけましたw)

売り買いゾーン&フィボナッチに、エントリー方向と利食いポイント&撤退タイミングの主軸をおいて、横軸である移動平均線の束と波の形状(転換の形)を利用して、繊細なエントリーを心がけています。

横軸の利用は、いわゆるプラスアルファ的なものです。

しかし、見た目派手で、ザ・トレーダー的な「やってる感」を醸し出してくれるのが、横軸系のインジケーターなので、ついハマってしまう理数系の人は多いですね。

それらの多用しすぎは、エッジの効いた手法・ルール構築からは逆行していると思ってください。

縦軸を重要視してないから、数多くの横軸基準を取り入れ過ぎてしまうとも言えます。

縦軸さえ分かっていれば、横軸の基準は1~2種類で事足ります。

ということで、トレードの基礎中の基礎「売り買いゾーン設定ロジック公開」動画をご覧ください。

応援クリックお願いしまーす↓


FX・女性投資家ランキング 

プロトレーダーとしてのメンタル構築のために、絶対に読んでおくべき書籍4タイトルです。世界レベルの戦いで生き残るための知識と理論がここに集約されています。(画像をクリックするとamazon.comにリンクします)