445FX 常勝blog

独自の手法で取引するFXトレーダーのうんちくと動画

損大利小のエントリーポイントでもルール通り執行します

エントリーから利食いまで12分で終了。+7.4pips(2玉)獲得。

利益目標より損切ポイントの方がはるかに広い位置でのトレードでしたが、ルールなのでやりました。

話は飛びますが、「漫画blogに描かれているとおり445さんは本当にドレスを着て髪の毛縦ロールでトレードをしているのですか?」と教え子から質問されたことがあります。

漫画の私は正直言ってデフォルメですが、実際もそれなりのすぐに外出できる服装には着替えています。できるだけメイクもするようにしています。きちんとした格好で背筋を正して相場に向かっておりますが、なぜか座禅を組む形で椅子に座っています。このスタイルが最も落ち着きます。^^

↓応援クリックお願いしまーす↓


FX・女性投資家ランキング

ameblo.jp

youtu.be

アジアタイム約30分で+21.1pips(ドル円)

アジアタイムでも最も動かない時間帯12時からのトレードになります。

1時間足レベルの相場環境認識から始まり、上昇相場のとても分かりやすいロングのエントリーポイントが連続している場面の一服的下落を狙いました。約30分で+21.1pips獲得。

この動画で注目してほしいところは、転換の形の見極め方と、エントリーポイントの数、目標設定を相場の流れによって切り替わってゆくことを明確な根拠を元に認識しているところです。

ただ今回の動画では根拠を崩す部分(撤退条件)の解説をしていなかったので、こちらで補足しておきたいと思います。

基本的には上に控えている売りゾーンを越えるまでなので、あらかじめ設定してある逆指値-15pipsまで許すことになりますが、2~3時間同じような価格帯で揉んでしまった場合、-15に満たなくともファンラインを実体で抜ける足が出てきたら逃げます。

というわけで、皆様のトレードのご参考になれば幸いです。^^

↓応援クリックお願いしまーす↓


FX・女性投資家ランキング

youtu.be