445FX 常勝blog

独自の手法で取引するFXトレーダーのうんちくと動画

445がなぜアジアタイムを好むのか?(動画)

直近のゾーンの設定ロジックが少々複雑です。その解説からスタート。

少し前のエントリーポイントとその取扱いの解説。

そして、今ここからのエントリーポイント割り出し。

445がなぜアジアタイムを好むのか?という話から、より勝率の高い確率論トレードをするための考え方をお話しています。

いつもならここで書くような、トレードマインドセットに関する内容を、動画内でお話していますので、ブログの方はこれにて終了しておきます。^^

応援クリックお願いしまーす↓


FX・女性投資家ランキング 

プロトレーダーとしてのメンタル構築のために、絶対に読んでおくべき書籍4タイトルです。世界レベルの戦いで生き残るための知識と理論がここに集約されています。(画像をクリックするとamazon.comにリンクします)

   

手法が確立されていると1分足チャートの動きがゆっくり感じられます

昨晩の一気に叩き落された価格は、売りゾーンのあるところでした。

ゾーンの位置さえ把握していれば売りが入ることは予測できるポイントですが、いかんんせん下落のスピードが速かったので、ショートを打っていた人はかなり大きな利益を得られたようです。

そして今ここからのエントリーポイントは、トレンド後一発目の三角持ち合いを狙う、通称「ザ・ワールド」が発動しかかっています。

このブログを書いている今も、まだ待機状態です。

トレーディングルール、いわゆる「手法」を身に着けることの大切さはここにあります。

エントリー&エグジットポイントが明確なので、そこに来るまで待てば良いだけになります。

「相場の動きが早くて分かりません」と言っている人は、ルール(手法)が決まっていないからそう見えるだけです。

事実、1分足トレーダーの私は、こうして何十分も待つほどに、1分足の動きが緩やかに感じているのですから。

応援クリックお願いしまーす↓


FX・女性投資家ランキング