445FX 常勝blog

独自の手法で取引するFXトレーダーのうんちくと動画

ギャンブルとトレードどっちが危険?

2014-03-31

ギャンブルとトレード、どちらの方が危険だと思います?

ギャンブル的感覚でトレードをしたら負ける、勝てない、と言われているくらいだから、ギャンブルの方が危険な感じがしないでもないですが、実際は逆です。

トレードの方がはるかに危険です。

ギャンブルはあらかじめ一回の勝負の「負けの範囲」が決まっているし、そのギャンブルを行う場所などに「時間の制限」があることにより、外部からストップをかけてもらえます。

それに対してトレードは、「負けの範囲」はまったく決まっていません。
天上知らずの利益を得る機会と共に、底知れぬ負けの可能性も併せ持っているわけです。

しかも、相場の流れは連綿と続き、終わりがない。
いつでも好きな時に始めることができ、手仕舞いも自分で決めなければならない。誰も止める者はいない。

そんなトレードを、楽して一攫千金を得ようというギャンブル的感覚で行ったとしたら、その危険度は何乗にもなり、計り知れないと思いませんか?

ギャンブルをしたいなら、一般的なギャンブルにとどめておくとよいでしょう。
トレードはやめてね。^^

↓応援クリックお願いしまーす↓


FX・女性投資家ランキング

ショートが得意?ロングが得意?

2014-03-19

ショートが得意な人、ロングが得意な人がいる、という話を聞いたことはありませんか?
もしくは、自分がそうです、みたいな。

私も2011年春くらいまでは、ショートが得意、いや、ショートの方がやり易いと思っていました。
ロングってどうもね、重力に逆らっているように見えて、すぐに落っこちてきちゃうような感覚があったんです。w

相場をそういう見方しているうちは、相場の動きが見えていない証拠なんですよね。
値頃感を通り越して、それ生理的な感覚じゃないですか?w
分析不足、検証不足、ルール未確立。

そういうものが足りてきますと、ロングもショートも同条件になり、得手不得手という感覚はなくなります。

もちろん、今日は上昇相場だからロング優勢でポジションを持とう、という戦略はありますが、けして得手不得手では考えなくなります。

さて、今のあなたにはそういう感覚はありますか?
自分の習熟度がどのレベルか?を計る指針にお使いください。^^

 ↓応援クリックお願いしまーす↓


FX・女性投資家ランキング

以下4冊はプロトレーダーとしての心の枠組みの作り方が書かれている名著です。熟読必須!(画像をクリックするとamazon.comにリンクします)