445FX 常勝blog

独自の手法で取引するFXトレーダーのうんちくと動画

「トレーダーとして有利なのは女性説」の提唱

これは私445が過去にアメブロに掲載したトレード哲学系の文章を再UPしたものです。こちらに掲載と同時にアメブロの方は削除します。

2013-06-21
これから書くことには賛否両論分かれるかもしれません。
また、私自身は学者ではないので、なんらかに発表するとかしたとか、そういう類いのものでもありません。
へ~、こんな考え方もあるんだ、くらいの受け止め方でお願いします。m(_ _ )m
相場の世界ってどんな職業よりも特殊なのは、みなさんご存知ですよね。
何らかの機転を利かせたり、第三者の感情に訴えたり、コミュニケーションによって好転する、なんてワザは通用しません。
どんなに祈っても拝んでも、チャートはたった今発生している「売り・買い」を正確に反映しているだけです。
自分の力がまったく及ばない世界です。
が、
すべて自分次第、すべて自分の判断のみで完結するという奇妙な世界です。
こんな仕事は他にありません。
トレードという仕事は、今ある環境に身を委ねて合わせていくしかないもの。
だからこそ、己の力で環境を好転させて来たであろう、社会的には成功者と呼ばれる人たちこそがトレードでしくじりやすいのです。
そもそも人間が普通に生きていく為に必要なロジックが全否定されるのがトレードです。「逆説」で成り立っています。
「希望はもつな」「勝っても喜ぶな」「負けても悲しむな」「感情をフラットにしろ」「(勉強という意味ではなく)頑張っても、なんとかならない」「融通はきかすな(マシンのようにやれ)」
こんな子育てはしたくないですよね~。(苦笑)
ですからトレードで勝ち続けるという事は、人類全般にとって非常にむつかしいものなんですね。
これがほんの一部の変態だけしか常勝トレーダーになれない理由です。w

そこで、やっと本題に入ります。
何故、女性がトレードに有利な資質を持っているのか?
相場の歴史ってぶっちゃけ、切った張ったのギャンブルの歴史です。だから男性の独壇場でした。
でも、勝つ為にはギャンブルとしてやっちゃダメなことは、ちゃんとトレードを学んで来た皆さんは重々承知だと思います。
男性は太古の昔から狩りをして生命や生活を守ってきました。
また、大切な家族を守る為に敵と戦うのも男性です。
縄張り争いも大好きですよね。
その遺伝子が今も引き継がれているから、男性は様々なことにハンター癖、コレクター癖が出るわけです。
逆に女性ですが、子供を生み育む役割を最重要任務として担ってきました。非常に残念なことに、歴史上長いこと二級市民扱いでした。
戦国時代は特に顕著ですけれど、女性は男性にとっての戦利品でもありました。
自分の意志と関係なく、嫁がされたりするわけです。
そんな歴史の中、様々な環境に順応するワザを身につけていったのが女性です。自分の力でどうこうというロジックが、DNAレベルで男性よりはるかに希薄です。
そのかわり、どこへ行ってもコミュニティーを作るのが上手いですよね。そうしなければ生きていけなかったという歴史的背景がありますから。

ここまで書けばピンと来るかと思います。
「相場に合わせること」が絶対条件となるトレードは、女性の持つ本質にピッタリなんです。
たおやかに相場の流れを読み取り、抵抗せずに合わせ打っていけるのが女です。
また、女性は育児という大仕事をこなすよう作られている分、パラレルに物を見るのが得意です。
男性のように標的一直線で周りが見えなくなるのと違って、周囲全体を同時進行で気配れます。
複数チャート分析にもピッタリじゃないですか。
こうした背景から、女性は男性よりトレーダーとしての優性資質を持っていると私は考えています。
誰でも気軽に相場に参加出来るようになった昨今、強い女性トレーダーが目につくのはそういうことなんだと思っています。
女子のみなさん、私たちかなり有利ですよ。という励まし記事でした。^^

↓応援クリックお願いしまーす↓


FX・女性投資家ランキング