445FX 常勝blog

独自の手法で取引するFXトレーダーのうんちくと動画

「映画の字幕」と「トレード解説動画」

2014-04-27

「映画の字幕」と「トレード解説動画」
この2つって、すごく似た影響を人に及ぼしているなと感じています。

ある程度の英語知識がある人に限りますが、海外の映画を字幕スーパー付きで観ていると、英語のセリフを理解しながら観ているような気になっていることが多々あるようです。

知っている単語やセンテンスが耳に入れば、そこの部分は確かに自力でトランスレートしていると思いますが、耳で聞くセリフと眼で見る字幕が同時に出ることで、本当は知らない細かい部分、ニュアンスまで自分が判断している気になっているんです。
そういう人が異口同音に言うのは、
「何言っているかは、だいたい分かるよ」
それならばということで、字幕を完全に外してみると、実はほとんど理解できていないという体たらく。
「相手の言っていることは分かるけど、話せない」というのもウソ。
言っている事が理解できる状態ということは、それが自分の頭に入っているということなので、ペースはスローでも話すこともできるはずなんです。

そして、カリスマトレーダーによる「トレード解説動画配信」。
特に、毎日配信されるタイプの「前日の相場分析、翌日の相場予想」。
これを毎日受け取って観ていますと、「映画の字幕」と同じパターンで、まるで自分自身がそのカリスマトレーダーと同じ分析が出来ているかの錯覚に陥いるケースが多いようです。
その配信が止まったり、配信を受け取るのをやめたとたんに相場が分かりづらくなった、という嘆きを聴きます。
こちらも英語と同じで、カリスマトレーダーの言っていることが自分の判断であると錯覚してしまっているからです。

つまり「映画の字幕」も「トレード解説動画」も、元になる「語学」「相場」の正しい勉強を日々行っていなければ、自分のスキルにはならないのです。

↓応援クリックお願いしまーす↓


FX・女性投資家ランキング

「出稼げば大富豪」クロイワショウ・著でおなじみの、バリ島の大富豪アニキこと丸尾孝俊さんが直に出した本です。元気をもらえるとかそういう次元じゃないです。人間ってこうありたい、あるべきなんだと思います。