445FX 常勝blog

独自の手法で取引するFXトレーダーのうんちくと動画

人に教えるという勉強

2014-05-13

僭越ながら、私が人様にトレードを教えさせて頂くことがあります。
「教える」ということは、要点をまとめ流れを作り、どうやったら効果的に人に伝わるか? を入念に考えつつ、言葉として発してゆく作業です。
ただ漠然とチャートを眺めている次元ではこれはできません。すべてにおいて系統立てて説明ができないと成り立たないからです。

つまり「教える」という作業は、自分自身の頭の中の整理であり、理解度のレベルの高さを示します。よく「勉強したことのアウトプットが大切」と言われる所以はこれです。

私がまったくの初心者の頃、習熟速度をスピードアップさせる為に意図的にやったのが「人に教えることを目標とする」でした。

あえて「トレードで勝てるようになる」を目標にはしませんでした。
「人に教える」は「自分が勝てるようになる」の先にあるものだからです。

人の精神活動の特徴として、設定した目標の少し手前でテンションが下がったり、達成する意欲を失ってしまったりします。それを知っていたので、「勝てるようになる」を通過点にしてしまおうと考えたのです。
しかも、勉強を始めてたった5ヵ月後には生徒を持ちました。自分自身が初心者であるにも関わらず、です。

それがこのしゃけ君です。^^

第10話「教え子のしゃけ君をご紹介」 | 445FX 漫画blog

第12話「しゃけ君の武勇伝」 | 445FX 漫画blog

第31話「ビミョーなトレード資金調達法」 | 445FX 漫画blog

 人に教える以上、誰よりも勉強しなければならないと、自分で自分に追い込みをかけたとも言えます。
お陰さまで、本来だったら5年10年かかる道のりを、かなり短縮できたように思います。
教えさせてくれて、ありがとう。^^

ですからまだ結果が出ていない方は、ちょっと考え方をシフトして、「人に教える」を目標に据えてトレードに取り組んでみてはいかがでしょうか? セミナーや勉強会に参加するだけでは、実はあまり前進しないものです。自分が開催する側になることで脳の活動領域が広がります。
「人に与える」ってとても大切です。^^

↓応援クリックお願いしまーす↓


FX・女性投資家ランキング

女博徒であり漫画家の西原理恵子先生のFX挑戦実録漫画。期待通りにみるみる大金を溶かしてくれます。エンタメとしてサイコーですが、絶対にやってはいけないことしかしていないので、初心者の方にはよい反面教師になることでしょう。