445FX 常勝blog

独自の手法で取引するFXトレーダーのうんちくと動画

フラッシュクラッシュ相場に遭遇しないための考え方

2019年1月よりLINE@開始しました!
こちらをクリックして、LINE@の友だち登録をお願いします。

ドル円アジアタイムの相場分析動画です。

1時間足に引いたフィボナッチのその後を見つつ、相場環境認識を固めつつ、1分足レベルの15pips以上の波が出来るのを待つばかりです。

結局はいつものルーティーンと、動画収録直前に私自身が行ったトレードの、エントリーポイントと利食いポイントの解説付きです。

私のトレードスタイルは、限りなくスキャルに近いデイトレードなのですが、スキャルの範囲に収まれば、それに越したことはありません。

なぜなら、ポジションを長く持っていればいるほど、不測の事態に遭遇する確率が増えるからです。

私など一般トレーダーの資金量ですと、出来るだけ損切は小さめにしなければ生き残ってゆけません。ですので、スイングは現物取引が出来る大口資金をお持ちの方用のトレードスタイルだと思っています。

過去チャートを見れば一目瞭然ですが、1年の間に平均2回くらいはフラッシュクラッシュレベルの大相場に見舞われていますよね。

ということは、日をまたいで、週をまたいで、月をまたいで、年をまたいでポジションを保有するということは、フラッシュクラッシュに巻き込まれる確率が大幅にアップするということです。

スイングトレードでなくても、一日中スキャルをやっていたら、同じことになります。

相場にいる時間が長ければ長いほど、大負けする確率が高くなるのです。

私はそんなの嫌です。w

ですので、できるだけ短時間決済できるスタイルで、トレード時間自体も1日2時間以内くらいで済ませるために磨いてきたのが、この445式手法になります。

どうぞよろしく。^^

応援クリックお願いしまーす↓


FX・女性投資家ランキング

youtu.be