445FX 常勝blog

独自の手法で取引するFXトレーダーのうんちくと動画

トレーダーを外科医に例えると

友だち追加

1時間足の12MAの形状(位置)で判断する相場環境認識をしています。

今ここからのエントリーポイント割り出しとしては、まったく動いていない相場状況ですので、いつものように1分足レベルで15pips以上の波を作った方向、売り買いゾーンを抜けた方向にゆく動きが出てきたら、やりましょう、ということになります。

話は変わりますが、「なぜ、自分がエントリーしたら逆行するのか?」という文言が、トレーダー業界でのキャッチフレーズのようになってしまっているなと。

その答えはたった一つです。

相場の養分になる95%の一般人の思考のままだからです。

では、どうしたら5%の思考になれるのか?

テクニカル分析の勉強も当然やらねばなりませんが、心のトレーニングは必須事項です。

例えば、外科医。

医療知識も十分あって、優秀な成績でテストもクリアできても、実技において、血を見たら気絶してしまうようでは外科医にはなれません。

気絶しないどころか、臆することなく執刀できるメンタルが必要です。

トレードは他人の身体は切りませんが、自分の腹を切り裂く仕事です。

自分の資金、もしくは自分の家庭の資金を投与するなら、自分のみならず、家族の将来にもメスを入れる行為だと認識して、真剣に取り組んでゆかねばなりません。

応援クリックお願いしまーす↓


FX・女性投資家ランキング 

youtu.be