445FX 常勝blog

独自の手法で取引するFXトレーダーのうんちくと動画

直近100エントリー分の逆行pipsデータを出そう!

友だち追加

本日午前中のドル円は、1時間足レベルでまだまだ上昇相場ですが、1分足トレーダーにとって、今ここではショート目線です。

ロング目線に転じるには、今頭を押さえている売りゾーン上抜けが必須条件となります。

また、フィボナッチで見る相場環境認識として、「大フィボ」「小フィボ」のお話をしています。

フィボナッチ数列(黄金比率)の扱い方は、一般に流布されている使い方とは異なり、445式独特の理論展開をしていますので、そのあたりはお含みおきください。

応援クリックお願いしまーす↓


FX・女性投資家ランキング 

youtu.be

さて、「自分がエントリーすると必ず逆行するのはなぜ?」とお悩みの方多いですよね。

字面だけ見ると、単に「逆行」ですが、その逆行はどのくらいの逆行でしょうか?

5~10pips程度の逆行の人もいれば、30pips以上の人もいるでしょう。

その逆行の度合いによって、戦略(トレーニング法)はまったく変わってきます。

例えば、30pips以上の逆行であれば、相場分析から勉強しなおす必要がありますが、5~10pipsの逆行で、いつもビビり撤退をしてしまい、損切貧乏になっているのなら、メンタル負荷のかからないエントリーポイントを見つけるトレーニングをすればよいことになります。

何事にも度合いがありますので、まずは自分がどの逆行レベルでエントリーしてしまっているのか?のデータを出してください。

できれば直近の100エントリー分がいいですね。

トレードの勝率は、確率によって導き出すものですので、データ収集なくして優位性のあるルールを作り出すことは不可能です。

とにかくなんでもかんでも、数字数字、データデータ、という習慣をつけましょう。

意外と、自分の分析能力は高かったということにも気が付けますよ。^^

応援クリックお願いしまーす↓


FX・女性投資家ランキング 

こちらの4タイトルの書籍を最低でも5回づつは読み込んでください。ここにプロトレーダーとしての心の枠組みの作り方が書かれています。(画像をクリックするとamazon.comにリンクします)