445FX 常勝blog

独自の手法で取引するFXトレーダーのうんちくと動画

プロトレーダーになる為のメンタルトレーニング法(具体例)

友だち追加

本日の動画では、前半で、ゾーン設定に関する詳しい解説をしています。

そしてその後の相場分析中、私445が設定したゾーンに対する疑問が浮上します。

その試行錯誤が重要ですので、そのまま収録しました。

ゾーン設定は、設定を始められるチャート位置(さかのぼれる日)によって、どうしても差異が生じますので、大昔からゾーン設定をしている私のものとまったく同じである必要はありませんが、ゾーン設定をする際のルールを確実に守っていることが前提になります。

応援クリックお願いしまーす↓


FX・女性投資家ランキング 

youtu.be

さて、昨日のブログでは、メンタルトレーニングの重要性のお話を書きましたが、「具体的にそれってどうやるの?」ですよね。^^

以前のブログ記事にも様々書いてきていますが、トレードは自分の生活と性格がそのままダイレクトに反映されますので、なかなか勝ち切れない人は、まず今の自分の有り様に疑問を感じるところからスタートしてください。

 私445自身がやったトレーニング例を挙げますね。

  1. 毎日、ポストの中を確認する
  2. 交通ルールを守る(特に黄色信号の扱い)

「なんですかコレ?」

「こんな簡単なコトが、プロトレーダーになる為のトレーニングなんですか?」

と苦笑された方へ。

はい、そうなんです。^^

私445が以前良くやりがちだった実生活上のミスに、

  1. ポストの中を1~2週間見ないせいで、大切なお届け物や書類やお知らせを見逃し、不利益を被ったり、人に迷惑をかけたり、無駄な労力を使うことが多々ありました。
  2. 車を運転するのですが、交通違反、特に黄色信号で加速する(交差点過時には赤信号)という癖がありました。そこに警察官がいれば、違反切符を切られる話です。実際何度か取り締まられています。

これをトレードに置き換えますと、

  1. チャート分析等、毎日の準備を怠って、PCを立ち上げたとたん、相場の動きに飛びつくことが多かった。
  2. 損切りが出来ずお祈りを繰り返して、結局戻らない相場に遭遇して、大きくマイナスをくらわされていた。

トレーダーの性格と生活が、何のフィルターも通さずに反映される相場ですので、この癖はそのままトレード結果に表れます。

実生活なら、謝罪したり、罰金を払ったり、ちょっとの労力を使ってリカバリーできることも、トレードでは即死亡です。

十人十色ですので、人によって問題点が違うと思いますが、自分の悪しき生活習慣を変えること。

これが、プロトレーダーになる為のメンタルトレーニング法のひとつです。(まだたくさんありますが、おそらくこれが一番重要)

 そうそう、少し前のブログに食べ物を変えると良いという記事を書きました。

手っ取り早くトレーダー脳にするにはコレ - 445FX 常勝blog

これもトレーニングの一環ですので、未読の方はぜひご一読ください。^^

応援クリックお願いしまーす↓


FX・女性投資家ランキング