445FX 常勝blog

独自の手法で取引するFXトレーダーのうんちくと動画

はじめてのリアルトレード、適正枚数は?

友だち追加

本日の動画は、445式において最も勝率の高い、トレンド後一発目の三角持ち合いを取る手法、通称「ザ・ワールド」のやってはいけないパターンについて、集中的に解説しています。

445式を学んでくださっている方々には、必視聴動画になります。

ザ・ワールド集中解説【FX今日の相場分析】【FX必勝分析法】

応援クリックお願いしまーす↓


FX・女性投資家ランキング 

よくある質問に、「トレードを始めるのに、枚数は何枚からスタートするとよいでしょうか?」(証券会社によって1LOTの規定が違うので、枚(1万通貨)で表現します)というものがあります。

例えば、勝ち組トレーダー(億トレーダーの人も、地道にお小遣いレベルで稼いでいる人も、一律勝ち組トレーダー)は、すでに相場で稼ぎ続けているという実績があります。

しかしそれは、いつもの枚数で行ういつもの環境でのお話で、トレードのランクアップをしようとする(枚数を上げる)と、これが面白いことに、いつもできていたことが出来なくなってしまいます。

損切りが出来ないなんて低レベルのことではなく、むしろ損切りが狭くなったり、利食いが早くなったりというような、「ビビり」が出てきたりします。

メンタルを理由に勉強をしない人は論外ですが、勉強を十分にやっていても枚数を挙げたとたんに、いつものパフォーマンスを挙げられなくなるのは、トレードという作業が80%メンタルに依存するものだという証拠の一つです。

人間は環境の変化にとても弱いです。

秒刻みで変化する相場の世界について行ける脳の反射を身に着けたとして、取引枚数という意味では、同じ環境をしばらく継続することになります。

すると、いざ枚数を上げようとすると、その環境変化に対してホメオスタシス(恒常性)が働き、メンタルがぶれるわけです。

勝ちトレードが続くと万能感に支配され、10枚だったものをいきなり100枚に上げて、今までの分を全部を飛ばしたなんて話はよく聞きます。

10倍はオーバーな表現だとしても、そういうニュアンスでもって枚数を上げて財産をなくすトレーダーが大多数です。

だからよく言われる指南としては、「潜在意識をびっくりさせないように、じわじわと1枚づつ上げてゆくこと」ですが、実はこれだけでは指南として不十分だと感じています。

というのは、人間はその数の多寡ではなく、現状からのギャップの大きさに弱いので、1枚からスタートすると2枚に上げる時に大きな壁に当たることになってしまいます。

そう、単純に倍になるからです。

なので私は、3枚からスタートすることをお勧めしています。

3枚からなら、4枚に上げても1/3upするだけですから、そんなに精神的負荷はかかりません。

そしてなぜ、10枚以上を勧めないのかと言いますと、初めて相場に臨むなら、例え証拠金を一千万円用意できたとしても、1pipの動きが百円単位くらいの取引から始めないと、あっという間に資金を飛ばすことになるからです。

自分の金銭感覚と相談して、無くなっても惜しくない金額に留めておかないと、平常心が保てなくなり、結果むやみなトレードを繰り返し、マイナスがかさんでゆくことになります。

ということで、初めてリアルトレードを開始するなら、3枚スタート推奨です。

これはあくまでも、私445の意見ですので、そこはお含みおきください。^^

応援クリックお願いしまーす↓


FX・女性投資家ランキング