445FX 常勝blog

独自の手法で取引するFXトレーダーのうんちくと動画

トレードメンタルが崩壊した時の対策を持っていますか?

友だち追加

本日のドル円アジアタイムの相場分析動画です。

一見、逆三尊が出来上がったかに見える場面ですが、ここではエントリーは見送って、より優位性の高い価格帯でのエントリーをするためのロジックを解説しています。

いつでもどこでもエントリーポイントを見つけられる445式ですが、そこに至るまで1時間以上を要することも、たまにあります。

今がまさにそんな相場です。

動き出しをじーっと待つことにしますが、なんと本日は、445FXサロン初のオフ会がありまして、その準備等を考えますと、ノートレになる可能性が高いです。
気持ちはすでにオフ会会場に向いてしまっているので、そういう時はどちらにしてもやらない方がいいかもしれません。^^

応援クリックお願いしまーす↓


FX・女性投資家ランキング 

トレードは、「PCとインターネット環境さえ整っていれば、いつでもどこでも取引が出来る夢のような仕事」というのは、正解であり不正解です。

というのは、トレーダーの心身共に体調が整っていないと、やってはいけないものだからです。

今日の私は、嬉しい方の理由で心がわさわさしておりますが、とうぜん良くないことで心に乱れがあるときは、トレードは控えるようにしています。

「このくらいの問題、自分は大丈夫」と、トレードをやりたい一心で、判断にバイアスがかかってOKを出してしまうと、結果エライことになります。

自分のコンディションの判断をも、自分自身で決定しなければならない。

これがトレードの難しいところだと思っています。

かく言う私も、やらかしてしまうことがあります。

なので、そういう時の為に、メンタルが乱れておかしなトレードをしてしまったとき用の対策を立てておきます。

私の場合は、「自分の許容できる最高額のマイナスを食った時点で止める」です。

具体的数値は、1玉マイナス15pipsです。

そして、「そのトレードの反省はするけれど、感情的には忘れてしまうこと」

もしかしたらこれは、かなり高度なメンタルマネジメントかもしれません。

それすらできずに、ドカンドカンと資金を失ってしまうトレーダーは少なくないと思います。

そういうレベルの人の場合、「3回連続で負けたら、チャートを閉じて、外の空気を吸いに行く、その日はもうやらない」

というのが、よく聞く対策法ですね。

3回もエントリーを違えたり、ビビり撤退したり、損切ラインに引っかかるということは、もう冷静に相場を見ることが出来ていない証拠なので、その辺で止めておかないとってコトですよね。

さあ、あなたは、トレードメンタルが崩壊した時の対策を持っていますか?

応援クリックお願いしまーす↓


FX・女性投資家ランキング 

プロトレーダーとしてのメンタル構築のために、絶対に読んでおくべき書籍4タイトルです。世界レベルの戦いで生き残るための知識と理論がここに集約されています。(画像をクリックするとamazon.comにリンクします)