445FX 常勝blog

社会は厳しいがトレードは優しい

もう、往復ビンタは食らわない!「売り買いゾーン設定ロジック公開」(動画)

友だち追加

久々にして深夜の投稿です。やっと次の動画が出来ました!

縦軸(価格・レート)の認識が最も大切であり、言い換えれば、縦軸の認識さえできていれば、ローソク足だけのチャートで十分に勝つことが出来ます。

しかし、横軸(波・チャートパターン・時間)の認識だけですと、勝ち越すことは出来ません。

しかし、多くのトレーダーは、横軸の勉強ばかりをしています。

移動平均線しかり、ストキャスティクスしかり、ボリンジャーバンドしかり、MACDしかり、一目均衡表しかり、波形を表すインジケーターや理論がそれにあたります。

ちなみに、ピボットフィボナッチは、縦軸を表す数少ないインジケーターです。

私はピボットは手法に取り入れていませんが、フィボナッチウィザードを自称するほどのフィボナッチ使いです。(二つ名が欲しかったので自分でつけましたw)

売り買いゾーン&フィボナッチに、エントリー方向と利食いポイント&撤退タイミングの主軸をおいて、横軸である移動平均線の束と波の形状(転換の形)を利用して、繊細なエントリーを心がけています。

横軸の利用は、いわゆるプラスアルファ的なものです。

しかし、見た目派手で、ザ・トレーダー的な「やってる感」を醸し出してくれるのが、横軸系のインジケーターなので、ついハマってしまう理数系の人は多いですね。

それらの多用しすぎは、エッジの効いた手法・ルール構築からは逆行していると思ってください。

縦軸を重要視してないから、数多くの横軸基準を取り入れ過ぎてしまうとも言えます。

縦軸さえ分かっていれば、横軸の基準は1~2種類で事足ります。

ということで、トレードの基礎中の基礎「売り買いゾーン設定ロジック公開」動画をご覧ください。

応援クリックお願いしまーす↓


FX・女性投資家ランキング 

プロトレーダーとしてのメンタル構築のために、絶対に読んでおくべき書籍4タイトルです。世界レベルの戦いで生き残るための知識と理論がここに集約されています。(画像をクリックするとamazon.comにリンクします)