445FX 常勝blog

社会は厳しいがトレードは優しい

現役大学生F君の「FXトレーダーへの道」11

友だち追加

はい、まるまる一週間、F君から何の連絡もありません。

彼からオファーがない限り、私から何かを教えるということはしないつもりですが、今月半ばくらいで、トレード(デモ)を始めて一ヶ月になるので、その時点でまとまった感想が欲しいところですよね。

皆さんは、F君がこの一週間の間、勝っていると思いますか? 負けていると思いますか? もしくは、ぜんぜんトレードをやっていないと思いますか?

私は「推測できない」状態です。

やっているやっていない、五分五分。

やっていたとして、勝ち負けも五分五分。

まだ十代のトレード初心者の行動パターンなど、過去にデータがないので、推測不能です。

これが、しっかり大人でトレード歴のある人物なら、大枠の推測はできます。

10年分、800人以上のデータがあるので。

私の希望は、F君には、どこかで負け続けて欲しいと思っています。

トレードを行う際のルールとして、

  • 逆指値を入れる
  • 損切基準を決めてエントリーする

を約束させているので、「ロスカットが出来ませんでした」というのは無いはず。

なので、分析が外れまくって負けが続くという状態しかないです。

すると、テクニカル分析を学ぶ必要性を感じることになります。

ここからが本格的なスタートです。

初心者にとっては、負け続ける事より、勝ち続ける方が恐ろしい結果を招くので、練習中にあらゆるパターンの負けを経験しておいて欲しいです。

ただし、「ロスカットできませんでした」という経験は、一切いらないです。

この癖を先につけてしまうと、非常に遠回りになります。

「ロスカットは必要経費」という世界観を先に構築させること。

これが常勝トレーダーへの一番の近道です。

445とF君に、応援クリックお願いします!


FX・女性投資家ランキング